カテゴリー別アーカイブ: カメラ・レンズ奮闘記

小金井公園の梅の花2017年

DSCF1512s

ロウバイは、空とのコントラストがいいんだよね。黄色を強調するためにストロボを発光させた。

DSC_0038s

ロウバイって逆光では透明感があってそれもいいんだよね。

DSC_0057s

これはかなり透明感を出したつもり。空の青さもいい感じ。

DSC_0122s

マクロでかなり大きく撮影。このマクロレンズ、色ノリがあまり良くないレンズなんだけど、カメラ側で彩度を上げている。換算で2.7倍までいけるので頑張って近づいてみた。ほとんどが失敗写真だったけど、その中からピントがぴしゃり決まりました。

DSC_0157s

赤い梅の花も、種類が豊富だったけどこの梅の花が一番良かった。周りが白っぽくなるタイプの赤い梅の花はいまいちかな。

DSC_0190s

直径にして1cm程度の小さめの梅の花。咲き方が可愛い。ちょっと離れてみると黄色っぽく見える。

DSC_0215s

白い梅の花は、青い空に映える。

DSC_0221s

これも黄色っぽく見える小さい梅の花。

DSC_0225s

上に同じ近くによらないとここまで大きく取れないので、マクロレンズ必須。

DSC_0278s

順光の白い梅の花の鮮やかさは印象的。白とびしそうなので、露出はぎりぎりのところを段階露出。

DSC_0290s

この蜂と格闘すること数分、ほぼノーファインダーだったので、ラッキー化も。

DSC_0297s

後ろの丸いボケが綺麗だった。

DSC_0319s

ロウバイの後ろの黄色や青いボケがいい感じでしょ。

DSC_0336s

ロウバイの黄色い花満開の雰囲気がうまく伝わっているかな?ちょっと離れると咲いているように見えないし、近すぎたらまばらな感じになる。そのちょうどいい塩梅が意外と難しい。

DSC_0385s

この梅の背景は真っ黒の方がよかったかな?と後で小一時間。撮影時も意識していたが、途中であきらめてしまった。

DSC_0471s

桜が真っ青な空に映えていました。何という品種なのか河津桜よりもピンクが濃い気がする。

DSC_0474s

この写真の方がよりわかるかな?ピンクが濃い桜。

DSC_0567s

散りばめられている感じを出そうとしたカット。強調するため、近い部分の花が鮮やかになるようフラッシュ発光。

DSC_0601s

何ともいえないこの鮮やかなショッキングピンク。逆光の梅は綺麗。

DSC_0612s

逆光のピンクをいかに綺麗に撮れるかを考え、プラス補正していったら絵画のようになっていった。オリンパスのカメラならここまでプラス補正していくと背景が真っ白になってしまう+1.7。

DSC_0629s

ロウバイって順光では黄色いこってりした感じ。逆光では透き通った感じになる。これは順光。

DSC_0637s

小金井公園からは離れるが我が家の近くでたまたま見た昼間の月。せっかくなので咲き始めた梅に参加してもらった。小金井公園に戻ってしっかり咲いた梅に参加してもらう方が良かったかな。。。

DSC_0643s

昔のシグマレンズは、色ノリが悪い。ってさっき書いたか。。。

DSC_0651s

空の色がいい感じだったので、ロウバイを入れてパシャリ。

DSC_0671s

例の黄色っぽい小さい梅。構図的に梅っぽい感じが出ているでしょ?

DSC_0717s

空の薄めの青と白い梅の花びら、黄色い花芯が爽やかでしょ。

DSC_0813s

得意の「真昼のフラッシュ」。

DSC_0836s

これも真昼のフラッシュで梅のピンクを鮮やかに。おっとゴーストだ。NIKONのレンズはフレアには強いがゴーストはたまに出る気がする。

DSC_0849s

例の遠目では黄色く感じる梅。咲く前はこんな感じで黄緑色。

DSC_0937s

少しずつ少しずつ咲く例の黄色い梅。後ろにこれから咲くつぼみが控えている。

DSC_1006s

構図にこだわった。後ろぼかし過ぎかも。

DSC_1064s

上の方のショッキングピンクの梅の花とは違い薄いピンクで花びらの数も多い。得意のフラッシュで撮影。

DSC_1242s

透明感出ているかなロウバイも2種類あって長っ細い花びら(上)と、丸い(下)があるらしい。撮影中に聞こえてきたプチ情報。

DSC_1265s

個人的に大好きなカット。透明感でてるでしょ!?

DSC_1303s

ショッキングピンクが鮮やかで花びらの枚数が少ないタイプの梅の花。

DSC_1315s

寄って、背景を綺麗に処理したつもり。

DSCF1441s

富士のカメラだとこんな感じ。やっぱり、フジフィルムのカメラがもっとも色がいいと思う今日この頃。

小金井公園梅の花(白、桃、ロウバイ)Fujiのカメラ

小金井公園梅の花(白)

フラッシュ撮影で明るくいい感じに。Nikon1での撮影と比べてやはりこのページのFujiのカメラの方が綺麗。因みにレンズは18-135mm。

実は白飛びしていないギリギリ

一見すると白飛びしているような写真だが、実は飛んでいない。オリンパスなら軽く彼方へ飛んでると思う。Fujiの「意地でも飛ばせない。」という気持ちが表れている感じ。

小金井公園梅の花フラッシュ撮影成功してる

フラッシュ撮影が、うまくはまった。丁度いい調光量。この辺の階調表現はFujiならではかな。

小金井公園梅の花これもフラッシュ撮影

これもフラッシュ撮影が、うまくはまった。発光してないかのような絶妙な色合いでしょ。

小金井公園梅の花ボケが綺麗

梅の花ボケの背景が綺麗に整えたつもりの写真。ボケ味も綺麗だった。

小金井公園ロウバイ透明感がいい

ロウバイの花弁の透明な感じを表現したかったが、表現しきれていないかな。

小金井公園ロウバイ

これは逆に花弁のつやっつやな感じを表現したく、フラッシュ撮影。調光量もどんぴしゃりかな。

小金井公園ロウバイ

背景の青い空と黄色のコントラストが綺麗だった。因みにフラッシュ撮影。

NikonFマウントレンズをNikon1で使用可能に

image

Nikon1カメラを購入したら是非やりたい、と兼ねてから思っていたニコンFマウントレンズをNikon1カメラで使用すること。望遠システムは充実する。

先日入手したタムロン35-105mmF2.8は、オートフォーカスは使えなかった。画質は、このレンズ特有の開放付近でのフレアが強調された感じ。やはりこのレンズは、APS-Cいやフルサイズで使うものかな。一回写真を撮りに行かないと。。

小金井公園の梅が開花(白、桃色、ロウバイ)Nikon1

小金井港お延の梅。白飛びせず

オリンパスならスカッと白飛びするパターン!しっかり階調が残っている。この時間帯のニコンの青空は結構好き。

小金井公園の梅

もう少しマイナス補正が必要かも。

梅の背景をぼかす

近接能力がある(換算0.54倍)ので寄るとボケる。

小金井公園のロウバイの透明感

ロウバイの透明感を出してみたかった。

小金井公園のロウバイフラッシュ撮影

最近凝っている手法。フラッシュ影。

小型デジタル一眼Nikon1(ニコン1)Get!

image

富士Xマウントを利用していると、重くてその重さから、軽いシステムのマイクロフォーサーズでいっかー!と出動を取りやめてしまうときがある。

しかし、手持ちのマイクロフォーサーズ機器はやや古くなり、ローパスレスでも無いので、いざ撮影後の写真を見るとちとがっかりすることが最近多くなってきた。マイクロフォーサーズであるオリンパスも、ローパスレス機器を出しているので、買おうかとも思ったが、まだ高い。しかも白飛びに対する不安が残る。

そこで、急きょ登場したのが、このNikon1だ。なんとこれローパスレスだし。センサーサイズが小さいため、ボケを作るには不利だが、ローパスレスで白飛びが少ないニコンだし、何より凄く小さい。問題はレンズ性能だが、結構良さそう。マイクロフォーサーズも古くなってきたレンズを一新しようと考えていたので、ここは一旦ニコン1を挟むかぁ。

買ってすぐに、保護フィルターを装着!おおっと、標準レンズの方は付けられないタイプだった。

しまった。PLフィルターは使えないんだ。いわゆる沈胴式だ。そうであることを知っていたが、改めてPLフィルターが使えないのは痛かった。

沈胴しなくていいので、フィルターを付けたい。PLと保護には必要。旧タイプはフィルターを付けられて、少し大きいが、今は中古で出回っているのをgetすらしかない。うーむ悩む。

きちんとした試し取りは、小金井公園に行ってやるとして、室内でパシャリパシャリ&本体モニターで拡大再生!

標準レンズの方は、かなり寄れるのはいい。だけど、周辺部分が少し流れる。特に近接撮影だとそれが顕著に現れる。値段が値段なだけに仕方ないかぁ。。とは割きれない気持ちが少々。一方望遠の方は、綺麗だが、イマイチ寄れない。

まずは、撮影に出かけようかな。

タムロン35-105mmF2.8レンズ購入

20170119-194756.jpg

アナログ時代に気に入っていたレンズ、
Tamron 35-105mm F2.8(65D)
これ一本で海外旅行に行ってきたことがあった。当時はベルビアという感度の低い(画質は最高ですが)フィルムを使っていたため、レンズの明るさ故にすごく重宝してた。

デジタル一眼レフになって、APS-C仕様だったため、(35mm換算)
52.5-157.5mm F2.8
の出来上がり。

これはこれで魅力的で、特に望遠側のボケはいい感じで使えた。ニコンAPS-Cからマイクロフォーザーズに重点を置き換えてから、出動する機会が減り気が付いたら売っぱらっていた。

でも、売った後も何故か
「今回はあのレンズを使おう・・・ととと。売っちゃったんだ。ああ、売らなきゃ良かったぁ。」
と、何度思ったことか。

いっそのこと、も一回買い直そうかとも思ったけど、当然新品はないし、中古だと良いものに当たるかどうかかけだし、買い直すこと自体勿体無い。自身で持っていたやつは程度がよかっただけに、尚更勿体無い。

悶々とする日々が続いたが、決断。
「買い戻す。」
ヤフオクで買いなおした。それがこの写真のやつ。

程度は良かった。
・レンズにカビは無し。カビの跡も無し。
・くもりも無し。(実はこれが一番心配だった。)
・レンズに触った形跡も無し。(これは驚き。大概触っているか、その跡がある。)
・レンズ内の埃はあった。(これはしょうがないか。)

中古で、2オーナー以上の割には良かった。撮影が楽しみだ。